Reborn guitar / Reborn bass

Re (再び)という意味を持つこの言葉がつく作業は当店の特徴です。

リセット=再調整
リペア=修理
リフォーム=改良
リメイク=作り直す
リボーン=生まれ変わる

リセットは最初に行う作業。
長年の使用によって反ったネックなどを元の状態に戻しその先の判断をします。
もし、調整の範囲を超える作業を必要とするコンディションの場合、部分的な部品交換などを伴った修理を行います。
多くのギターはここまでの作業で見違えるほど良いコンディションになるのですが、場合によってはそれ以上の作業(リフォーム)をしないと理想的なコンディションに到達しないことがあります。
例えば指板修正を伴ったフレット交換やリフィニッシュなどです。
機能的、あるいは音響的に大きな効果をもたらすことができ、その後何十年も使用可能な状況にギターを戻します。
リメイク・ギターとは、ある意味製作工程の途中まで遡り作り直すことを意味します。
ネックのリシェイプやトラスロッドの追加などがそれにあたります。
基本的にここまでのReはオリジナルのデザインや音を損なわない範囲でメーカーや年式に配慮した作業です。

さらにこれ以上のスタイルを提案します。
リボーン=生まれ変わる
ある意味オリジナルを無視し全く異ったギターに作り変えることです。
重要なのはプレイアビリティやサウンド面に向上をもたらす変化なのです。
これらのベースとなるのはコンディションに大きな問題がある楽器です。
過去に取り返しのつかない雑な修理がしてある場合で、例えばアコースティックギターのトップ割れやヘッド折れ、酷いネックの反りに対応しようとして指板を強引に削ってしまったギターなどです。
リメイク程度の作業でも使用するには問題無いレベルには引き上げることができますが、ダメージが大きい場合、その修理痕が目立ったり、プレイアビリティやサウンド面に変化が出てしまうことがあります。
ならばいっそのこと、全面的に手を入れて違った個性のギターにしてしまう。
どうせならキュートなルックスであったりワイルドであったりと見た目もいじって…
クラシック・カーなどでは昔から存在する楽しみ方です。
出来上がるギターは世界でたった一本の特別なもの。
可能性は無限です。

リペア・ショップ直結のギター・ショップだからこそできるこれらのクオリティにご期待ください。

Return to Top ▲Return to Top ▲