Gretsch

1940年前後の数年間にグレッチが KAYに製造委託して販売してたレアなモデルで、正式なモデル名は調べてもわかりませんでした。

最初に見た時はヘッドにGretschのみたことないデザインのロゴ。
ボディ内のラベルにはKAYとあったので、とんでもないバッタもんかと思いました。
と、いうのもかなり雑な仕事でネックジョイントしてあり、斜めについてるわ、隙間はあるわ、接着剤は盛大にはみ出ているなどの状況を根拠に違うギターのボディとネックをくっつけて作ったギターなのか?と思えたからです。

その後調べてみるとニセモノではないことがわかったのですが、とてもまともに使用できる状態ではありませんでした。

ジョイント部以外にもブリッジ剥がれの修理がひどく、トップに接着剤がはみ出ていて、しかもちゃんとついてない。
トップの下部からサウンドホールの横あたりまで大きな割れが二本走っていてここも雑に接着剤を流し込んだ状態。
弦高は人間の力では押さえられないのではないか?というほど高いという有様。

しかし、弾いてみるとなんともいい音だったのです。
レトロ・ブルージーなテイスト。
チープなギターならではのトーンでした。

そこに大きな可能性を感じ、徹底的に手を入れることにしたのがこのギターです。

販売価格は¥205,200(税込)で、他メーカーのハードケースが付属します。

 

カスタム内容の詳細をビフォーアフターで紹介します。

ヘッド及びペグ編

ネック・指板編

ナットとヒール 編

ブリッジとサドル編

ボディ編

Return to Top ▲Return to Top ▲