aRB108

 

マルチユースで戦闘力の高さをコンセプトにProvideceが生み出した傑作
aRB108シリーズ。

この数十年、アンサンブルの中でベースは多様化し、求められるサウンドは複雑化の一途をたどっている。アクティブサーキットを内蔵し、トーンを加工するという技術は以前から存在していた。
しかし、その効き目を強調するがあまり、ブーストしすぎると強烈なインパクトのあるサウンドは得られるものの、大幅なノイズ増加や制御不能なハウリングを招くというアクティブサーキットが多かった。
ならば、そのような事態に陥らないよう、プロの現場の厳しいレベルでの実用域にブーストレベルを抑え、ライブやレコーディングに耐えうるレベルのアクティブサーキットを開発。
さすがはエレクトロニクスに強みのあるProvidenceだけに飛びきりのクオリティーを提供している。

とはいえ、パッシブ・サウンドも捨て難い。ということでアクティブ/パッシブ切り替えスイッチを標準搭載。

そしてProvidenceの売りであるローインピーダンス・モヂュールである
Vitalizerを搭載。
ローインピーダンスシグナルへの変換によって、長いケーブルやエフェクターの使用による「音痩せ」を改善。また、ギターにマウントされたオリジナル・ハムバッカー・ピックアップ(eXpresso)と相まってノイズの大幅な低減を達成している。

ボディはオーソドックスなスタイル。ネックグリップは日本人の手には非常に馴染みの良い形状で構成されたウッド・ワークは丁寧な組み込みと相まって上質なプレイアビリティを提供してくれる。

Hipshot製のヘヴィーウエイト・ブリッジは、弦振動のロスを抑え、弦のエネルギーを効率よくピックアップが拾えるようになっている。

当店ではSCB(シースルーホワイトブロンド/ローズ指板)フィニッシュを展示販売。
SBW(ブラック)やメイプル指板仕様はオーダーで入手可能。

価格は¥270,000(税抜)高品質なギグバックが付属

Return to Top ▲Return to Top ▲